--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/06/29 (Fri) データ化される「私」

本のご紹介です。

『ウェブ社会の思想』 鈴木謙介 著



というわけで、少し真面目に、(少し?)
ネット上における「わたし」ということについて
考えてみました。


スポンサーサイト

人間とは? | trackback(0) | comment(2) |


2007/06/26 (Tue) 脱会前後の経緯 悩んでいる人へ

 
 
 
わたしが、どうして脱会したのかというと、挙げればキリがないのですが、
一番は 「活動がメンバーを圧迫していたから」 でした。
 
 
 

脱カルト | trackback(0) | comment(4) |


2007/06/24 (Sun) 雨でしたけど

 
神宮球場へ、こども達と交流戦を観に行ってきました。

んで、偶然なんですが、千駄ヶ谷の駅前で
公明党を除名になったとかいう、福本議員さんが、演説をされていました。

千駄ヶ谷です(!) がんばっていますね。

精力的に活動されているんだなぁって、そう思ったぐらいで、
特に福本議員さんに対する感想は、ありませんです。
 
 

思うこと | trackback(0) | comment(4) |


2007/06/24 (Sun) リハビリ

 
脱会者が、かつてのグループで教え込まれたことではなく
自分の本来の自我を育て始めて、
さまざまに自分の個性を豊かにしていく過程は
自由を満喫できる嬉しさもあると同時に、
頭の中で混乱も起こります。

「正しいもの探し」をしてしまったり。
再び、逆の立場で折伏を始めてしまったり。
他者から、違う信仰に勧誘されて困ったり。



脱カルト | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/22 (Fri) 応用すればいいのでは。

生命・3 の続き


一晩たって、思ったこと。

日蓮さんの御書は、門下や国家に宛てて、彼が一生をかけて書いたものです。
彼自身が、学び、修行し、人々とふれあい、そこから導き出した自身の信仰を文字に(言葉に)表し、そうやってできていったものですよね。

日蓮さんだけでなく、さまざまに仏教を修学し、
自身の信仰体系を築いていった先師の方々は
自分の人生の中から、その信仰を搾り出していったわけです。


脱カルト | trackback(0) | comment(1) |


2007/06/21 (Thu) 生命・3

生命 の続き
 
 
読む前に、まず、日蓮さんも血の通った人間であったということ
そして時代背景、生育歴、影響を受けた師や思想、
そういった諸々のことが、日蓮というヒトを作る要素にもなっていることを思いながら読もうということにしました。


御書によると、
一生成仏抄は34歳、聖人御難事は58歳御作、ということになっています。
 
 

脱カルト | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/21 (Thu) 生命・2

 
今日のは、一般で使われる「生命」の話です。

突然ですが、花の種って、だいたい真っ黒か茶色ですよね。
中を割ってみても、白いだけだったり、中も黒かったり。

それが、土に植えると、いろんな色彩豊かな花になるわけですよ。
これって、すごく不思議じゃないですか…?
っていうか、驚異だなって思うんですが。

この黒い粒に、葉っぱや茎や花や実になる素が、詰まっているんだもの。
 
 
 

人間とは? | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/20 (Wed) ちょっと休憩

 
 
 
舞妓Haaaan!!! 観て来ました。

めっちゃ面白かったです。
笑って笑って、ちょっと泣けました。


 
 
 

映画 | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/19 (Tue) 生命

 
生命。
グループではよく、「いのち」と読みます。

なんだか、避けて通れないことのようなので。
向き合ってみましょう、か。

(けれど、なんか今まで避けていたのは、
やはり向き合うのにそれなりの勇気がいることだからなんだと思います…)


脱カルト | trackback(0) | comment(16) |


2007/06/14 (Thu) こども

 
わたしの、一番の先生は、「こども」かもしれません。

よく、「どう思う?」とこども達に聞いてみることがあるのだけど、
まだ小学生だとあなどるなかれ。
教えられることが多々あります。

「こどもにとって、一番嬉しいことってなんだと思う?」と下の子に訊いたとき
はじめは「デュエルのカード買ってくれること~!」とか言っていたのですが、
そのあと少し考えて、
「お父さんとお母さんが笑ってることかなぁ。」と教えてくれたのも彼でした。
そしてその言葉で、わたしを笑顔にしてしまうのだから、やるもんです。
 
 
 

脱カルト | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/13 (Wed) 何気なくて偉大な君

 
 
 
 
サンボマスター

『何気なくて偉大な君』


 
 
 

思うこと | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/12 (Tue) 重たさへの希求


<ポストモダン>とは何だったのか』 本上まもる 著

本屋さんで見かけて、ぱらぱらとめくってみて、すぐに買ってしまった本です。
面白そうだなぁって思って。

期待を裏切らず、というか、これを読んで救われたような気がします。
 
 
 
 

人間とは? | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/10 (Sun) 心が得がたい時代です

 
今日、また別の友達から電話がかかってきて、
うつっぽいという話でした。

ここ2週間の間に、3人です。
そんな話を聞いたのは。

今日はさすがに話を聞きながら胃が痛くって、
でもなんとか、彼女も少し安心できたようで、良かったのですが。


人間とは? | trackback(0) | comment(2) |


2007/06/08 (Fri) 心に蓋

 
心に蓋

これを、お医者さんに言わせると、「未分化な感情」ということになると思います。
未分化なままだと、似たような状況の他者の感情に、
自分も引きずられることになるのです。

理屈では、解っているんですけどねぇ…


人間とは? | trackback(0) | comment(17) |


2007/06/07 (Thu) 立正安国論を読む

 
立正安国論を読みました。
やっぱり、N師が教えてくださった「地獄と極楽」を思いながら読むと
昔読んだのとは、また違った読後感でした。

なによりも、自由にものを考えられる、自由にものを感じても良い、
っていうことは
本当にしあわせなことだと、じみじみ感じました。

脱カルト | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

散歩虫

Author:散歩虫
議論ある仏教系(日蓮系)宗教団体を脱会した、2世のその後。
カルト問題、マインドコントロール、心理学から見た宗教問題、脱会後のリハビリ、その他いろいろ思ったことを書いています。
★宗教被害の相談窓口は、下のリンク先にあります。
二次被害を防ぐため、くれぐれも安全な場所にご相談ください。

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。