--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/09/29 (Sat) 自分と他人との境界

最近、すごく気になっています。

カルトからの回復 境界(バウンダリー)の再構築


宗教における、自己と他者の境界を壊してしまう性質について。

問題のある宗教団体における、
他者への境界の侵犯を、やすやすと行ってしまうということ、
また、過度に他者をコントロールしたがる傾向について。



スポンサーサイト

脱カルト | trackback(0) | comment(5) |


2007/09/26 (Wed) 地獄への恐怖 親との関わりからの考察

 
カルト宗教団体では、この信仰を捨てると「地獄に堕ちる」などと
恐怖感をあおることが、よく見受けられるようです。
また、教団を批判する者は「魔」、キリスト教系では「サタン」などと言い
信者は、批判者は最悪な存在なのだと教えられます。

実際、脱会するときに、そのグループのメンバーに、
「地獄に堕ちるよ」と脅された例も、勉強会などでお聞きしますし、
なんだかそんな恐ろしいことを人が人に言うということ自体が
わたしには恐ろしいことだと思います。

マインド・コントロール | trackback(0) | comment(10) |


2007/09/26 (Wed) 正法眼蔵随聞記

 
正法眼蔵随聞記

しょうぼうげんぞう ずいもんき


最近、ぼちぼちと古典を読んだりしているのですが、
日本古典文学全集の中に「正法眼蔵随聞記」というのがあって
道元の垂示を、高弟の懐奘が記録したものなのだそうですが
これがすんごくいい!

思うこと | trackback(0) | comment(2) |


2007/09/22 (Sat) 人々は、カルトの何に惹かれるのか?

以前、勉強会で発表したレジュメのまとめです。

人々は、いったいカルト宗教のグループの、どんなところに惹かれるのでしょうか?
その心理と、その心理を利用する組織側のコントロールの仕方
(カッコ内に書かれたこと)をまとめました。

マインド・コントロール | trackback(0) | comment(0) |


2007/09/20 (Thu) 今の心境

本当のことを知りたくなければ
目を閉じて、耳を塞いでいればいい。

けれど、人には好奇心があり
本当のことを捜し出してしまう生きもの。

知的欲求に、賢さと謙虚さが加われば
この世界ときっと、うまくやってゆける。

なんだか、薄紙を剥ぐように
日に日に元気になっていく自分を感じます。
精神的な、ひとつの大切な山を、乗り越えたみたいです。

わたしの信仰とはなにか。
わたしの成仏とはなにか。
賢さと謙虚さを身に備えるには。
それを見つける道程が、わたしの人生なんだなぁと
思いました。

思うこと | trackback(0) | comment(2) |


2007/09/19 (Wed) キャンパスでのカルト宗教問題


大学には、さまざまなサークルがありますが
カルト宗教団体のダミーサークルもあるようです。

そういった、カルト宗教のダミーサークルは、
新入生を勧誘する際に、
自分たちの団体名を隠して勧誘します。

脱カルト | trackback(0) | comment(0) |


2007/09/19 (Wed) 脳と宗教

 
脳のなかの倫理  脳倫理学序説  マイケル・S.ガザニガ

覚書き

人間とは? | trackback(0) | comment(0) |


2007/09/15 (Sat) マーフィーの法則に学ぶ

爆笑した、法則たち。

●サッティンガーの法則

プラグを差せば、もっと性能が出る。
It works better if you plug it in.

思うこと | trackback(0) | comment(0) |


2007/09/12 (Wed) 言葉のない世界

 
 
 
Great Begin グレート・ビギン 
 
 

映画 | trackback(0) | comment(0) |


2007/09/07 (Fri) 富士門下研究夏季合宿・3

「立正安国論を現代に読む」 楠山泰道先生

この講義でも、多角的にお話をしていただき、
また御僧侶も参加されていたので、講義のあとのディスカッションでも
興味深いやりとりを、みなさんでなさっていました。

雑談のようなやりとりでも、奥が深く、端っこで聴いていたわたしには
とっても勉強になることばかりでした。

(四箇の格言はブラックユーモアなのではないか?とか
 当時、日蓮が使っていた数珠は、玉がとても大きく、
 刀などで襲われたときに、充分にそれで刀をはらうことができるような物だった、とか。)

脱カルト | trackback(0) | comment(2) |


2007/09/05 (Wed) 富士門下研究夏季合宿・2

『公明党vs創価学会』のお題で、島田裕巳先生の講演を聴かせていただきました。

ご自身の育った環境と、創価学会・立正佼成会とのつながりから始まり、
多角的にお話いただきました。
先生ご自身も、今、御書(平成新修)を読まれて、日蓮像について考察中だとのことでした。

脱カルト | trackback(0) | comment(0) |


2007/09/03 (Mon) 富士門下研究夏季合宿

 
犀角独歩さま
主催の、夏季合宿に、初めて参加させていただきました。
(富士門の自覚もないままに…申し訳ない限りなのですが)

本当に様々な立場、様々な経験をされた方々がいらして
とても勉強にもなったし、世界がグンッと広がりました。

参加の皆さんと、個人的にお話しする時間は
あまりなかったのが残念ですが、
お一人お一人に、感謝感謝です。

記事にまとめたいことが、たくさんあるのですが
ちょっとバタバタしてて、書いておかないと忘れちゃいそうなことだけ
書いておきます。

脱カルト | trackback(0) | comment(6) |


| TOP |

プロフィール

散歩虫

Author:散歩虫
議論ある仏教系(日蓮系)宗教団体を脱会した、2世のその後。
カルト問題、マインドコントロール、心理学から見た宗教問題、脱会後のリハビリ、その他いろいろ思ったことを書いています。
★宗教被害の相談窓口は、下のリンク先にあります。
二次被害を防ぐため、くれぐれも安全な場所にご相談ください。

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。