--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/06/07 (Thu) 立正安国論を読む

 
立正安国論を読みました。
やっぱり、N師が教えてくださった「地獄と極楽」を思いながら読むと
昔読んだのとは、また違った読後感でした。

なによりも、自由にものを考えられる、自由にものを感じても良い、
っていうことは
本当にしあわせなことだと、じみじみ感じました。

 
ところで、今年もメダカの卵が、孵化しました。
今日、2匹。
メダカの稚魚って、すごーくちっちゃくて、ほとんど透明で、
すごく可愛らしいのです。
放っておくと卵も稚魚も、成魚に食べられてしまうので、
ほとんど強迫的に毎日目を光らせて、卵や稚魚を別の容器に移しています。

メダカが、ゆらゆら気持ちよさそうに泳いでいるのを眺めながら、
今までの自分の人生や、友達のことや、家族のことを、ぼんやり考えていました。
そして、重大なことに思い至ってしまったのでした。

「もしかして、なんにも乗り越えていないのかもしれない」 と。

色んな悲しいことや辛いことがあって、それはそれで何とかやり過ごしてきたつもりでした。
もちろん、楽しいこともたくさんありましたけど。
20歳で家を出たので、自立もその時に果たしたし、それなりに成長してきたって、思っていました。
けれど、悲しみは厳然としていまだ胸の中にあって、痛んでいます。

わたしはただ、心に蓋をして、今まで過ごして来ただけなのかもしれない。
その時、その時の気持ちと向き合うことなく、乗り越えた振りをして、ただただ歩いてきてしまっただけなのかもしれない。

なんて思ったら、メダカの鉢に、顔を突っ込みそうになるくらい、動揺してしまいました。

色んな知識や、色んなスキルは身につけましたが、たぶん、それだけじゃダメなんです。
昔、尊敬する先生が仰っていた「信頼関係はお腹でつくるもの」という言葉を、思い出しました。
自分の中心に、安定して揺るがない自己を作っていかなければ、きっといつまでたっても、思いを伝えられるようにはならない。


…但し人の心は時に随って移り物の性は鏡に依って改まる…


鏡に、感謝です。



スポンサーサイト

脱カルト | trackback(0) | comment(0) |


<<心に蓋 | TOP | 服を着た類人猿>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sampomusi.blog108.fc2.com/tb.php/17-4f50126c

| TOP |

プロフィール

散歩虫

Author:散歩虫
議論ある仏教系(日蓮系)宗教団体を脱会した、2世のその後。
カルト問題、マインドコントロール、心理学から見た宗教問題、脱会後のリハビリ、その他いろいろ思ったことを書いています。
★宗教被害の相談窓口は、下のリンク先にあります。
二次被害を防ぐため、くれぐれも安全な場所にご相談ください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。