--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/07/20 (Fri) 孤独論

【孤独論】

↑勝手に名づけました。
めちゃくちゃ我見なので、突っ込みどころは満載だと思います。

結論から言うと、
「私たちは、ひとりひとりが、違う世界に住んでいる。」
という事です。


 
「信仰は主体的でないと意味がない」
これは、私の信念です。
人に勧められてやる信仰には、意味がないと思います。

なぜか。
私は、自ら道を求める心の中に、信仰心があると思っているからです。



信仰には、祈る対象(=本尊)がありますが、
本尊は、形はあるけれども実体はないです。
自分を映す、媒体です。
媒体であると同時に、自分自身そのものです。

本尊は、その人の心の中では、
その人の主観の本尊になります。

Aさんが、本尊を、どの様にとらえているか?と
Bさんが、本尊を、どの様にとらえているか?は
違うと思います。

よって、Aさんの本尊とBさんの本尊は
厳密に言うと違うものになります。
同じ宗教であっても。

それは、
AさんBさんが、それぞれ心の中で作り上げた独自の本尊です。

だから、信仰を組織化、画一化するのは、無理があると思うのです。



神だとて、同じ事です。

Aさんが思う神と、Bさんが思う神は違う。
なぜなら、
AさんとBさんは違うからです。

何が違うか?
Aさんがとらえている世界のあり方と、
Bさんがとらえている世界のあり方は、違う。

世界に対する、認識の仕方が違うのです。
たぶんこれが、
心理学で言うところの【認知】という問題になるんだと思います。



私たちが孤独なのは、
「孤独」という言葉があるからです。
私たち人間が、自分の中に初めて「孤独」を見つけたのは
いつだったんでしょう?

孤独になれない人は
複数にもなれません。
愛されたいと思うがあまり、媚びてしまうから
複数の中で本来の自分になれないんです。

孤独を受け容れるのに、勇気はいりません。
ただ
今見ている世界が本当はどんな姿の世界なのか。
どうして自分は、世界をこの様に見てしまうのか。
それを真摯に探っていく以外にないような気が
いたします。


----------------------------------------------

これは、2005年7月22日に書いたログです。
ちょうど2年ほど前になりますね。

脱会して、まだ数ヶ月の頃です。

振り返ってみると、あの頃はすごく必死だったなって思います。
生きること、何かを証明することに。
それに、よっぽど孤独だったようです(笑)

「答えは自分の中にある」なんて、よく言われたりしますが、
自分の書いたものの中には、「自分の姿」がびっちり埋め込まれています。
たまに、自分の書いたもの、自分が誰かに話したこと、
そういうことを客観的にちょっと離れた視点から見てみると、
今まで知らなかった自分に、出会えたりします。


『私たちは、ひとりひとりが、違う世界に住んでいる。』
これは、2年前と変わらず、今でもそう思います。
生れ落ちてからの、その人の見たこと聴いたこと、環境や経験など
それぞれみんな、違いますから、この世に「自分のように存在するヒト」はたった一人、自分自身しかいないわけです。

そんな違う人々が、自分と他者の世界の一部を混じらせて、触れ合って、
同じような経験に共感したり、それは違うと反発したり。

それもこれも、ヒトが表現する生き物だからです。
食べる、排泄する、眠る、だけじゃ足りなくて、たくさんの言葉と道具を作り出して
死ぬまで暇つぶしに明け暮れる生き物だからです。

(他の野生の動物は、生きるための餌を探すだけで、
 たいてい一日が終わってしまいます)


ただ生きるだけじゃ、足りなくて。

作っては壊し、また、作るのです。










スポンサーサイト

人間とは? | trackback(0) | comment(2) |


<<道具の使い方 | TOP | ヒトは高等か?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

みみちゃん

おはようございます。


>私、破壊的な性格なのか、ぶち壊すのが好きみたいです。

あは、そうですか(笑)芸術家タイプですね~。
人生の歩き方にも、色んなタイプがありますよね。
わたしは、とりあえずすべてのものを、いったんそのまま飲み込んで、あとで取捨選択するタイプかな…

関係ないけど、石橋も、叩かずに渡れるかどうか試しちゃえっていう人、
細かく細かく叩く人、叩いても渡れない人、
石橋の石の材質の調査から始める人、
石橋を渡らない道を他に探す人、
などなど、いろいろですよね。


>「お一人さまプラン」

そうなんですか。わたしも、今、唯一してみたい贅沢が、一人旅です。
家族を放っぽって、一人で旅がしたーい!
(と叫んでも誰も聞いちゃくれませんが)


>でも、一人でいいんですよ。
>いつかは一人になるんだから。
>そう思います。

お、なんだか大人な発言です。
「精神は孤独であっていいと思います。」これも、なんかスッキリしていて、気持ちいいですね。
わたしはちょっと、よわっちぃトコがあるので、「孤独、いいじゃん!でもちょっと寂しいなぁ…」って感じでしょうか(笑)


>>ただ生きるだけじゃ、足りなくて。
>という欲求が起きてくるんじゃないでしょうか。

これは、大事なことなんでしょうねぇ。
欲求に関して、ちょうど教えていただいたとこでした。
人がさまざまな、生きる目的以外の欲求を持つのは、自分を生かすことにもなるのと同時に、それが「苦」にもなると。
欲求から生まれる「苦」をどう解消していくのか、どう「ほどほど」にしてくのか、っていうのが、釈尊が説いた仏法だったそうです。

「がまんしましょうよ」って、一言で言えばそういうことなんでしょうが、
「我慢」や「自分の力ではどうにもならないことを諦めること」は
多少の葛藤を経ないと、やっぱ無理ですね。


現実って、厳しいもん。


2007/07/23 10:52 | 散歩虫 [ 編集 ]


またまたいいですね・・ 

>作っては壊し、また、作るのです。

も、共感いっぱいです。

私、破壊的な性格なのか、ぶち壊すのが好きみたいです。
どんなこともそうなんですが、発想が保守になるとだめかも。
その次の思考とか発想に繋がらない。
で、時間が経つと、それに対して飽きてくるんですね。

これでいい。と頑なに拘ってた一品も、なんかツマラナイものに感じてくる。

だからじゃないですかね、

>ただ生きるだけじゃ、足りなくて。

という欲求が起きてくるんじゃないでしょうか。

あ、なんか前後しますが、
【孤独論】
いいぢゃないですか、孤独って。

私、天涯孤独の身って感じな境遇と隣りあわせで生きてきたので、すごくピンときます。
いつもどっかで、「一人」を感じて生きてきたから。

なので今は「お一人さま」大好きです。

最近は(そうでもないか?)、独身女性に「お一人さまプラン」が流行ってたりして、なるほど、はは~ん・・とにんまりしてたんですが、なかなかニーズに応えた供給だなと。

ああ、やっぱりそういう女の人って多いもんなんだ・・と、ちょっぴり、自分だけぢゃなかったじゃん、と、嬉しく感じました。
なんかヘンですかね、こういうの。

でも、一人でいいんですよ。
いつかは一人になるんだから。
そう思います。

精神は孤独であっていいと思います。

2007/07/21 00:41 | みみちゃん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://sampomusi.blog108.fc2.com/tb.php/40-1d1201bb

| TOP |

プロフィール

散歩虫

Author:散歩虫
議論ある仏教系(日蓮系)宗教団体を脱会した、2世のその後。
カルト問題、マインドコントロール、心理学から見た宗教問題、脱会後のリハビリ、その他いろいろ思ったことを書いています。
★宗教被害の相談窓口は、下のリンク先にあります。
二次被害を防ぐため、くれぐれも安全な場所にご相談ください。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。