--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/08/26 (Sun) 脱カルトの方法(メモ)

 
脱カルトの方法 (自分用のメモなので、修正するかも)

・「批判者は敵」という価値観を、なによりもまず書き換える。
 そして、なるべく多くのカルトグループ以外の方の話し、文化等に触れる。

・グループに関する、正しい情報を得ること。
 (人の言うことを、そのまま鵜呑みにしないで、自分で考えてみる)

・カルトグループに教え込まれた教義(言葉)を、一般的な意味に変えていく。

 
・グループに教え込まれた教義(言葉)は、意図的に誰かによって作られている。
 その目的は、グループ内で同じ言葉を使うことによって連帯感を生む効果があること、
 また、普通なら誰も信じないようなバカげたことでも、もっともらしい言葉をもっともらしいメンバーがもっともらしく使うことで、グループの皆が信じてしまう効果もあり。

・教義や言葉を手放すと、自分の信念体系が壊れてしまうようで、怖いかもしれない。
 けれど、今まで自分が生きてきたのは、カルトの教義やカルトのご利益ではなく、自分の力であったと気づけば、OK。

・抑圧された感情、抑圧された記憶は、後々までその人の人生に影響を及ぼす。
 苦しくても、自分の本当の姿と向き合うことが、大事なのでは。

・脱カルトは、熟練した専門家の下で行われるのがベスト。
 脱カルトに失敗すると、二重・三重の痛みを受けなければならなくなる。(脱会後の二次被害)

・自分の、過去のグループ内での行いについて、その原因を、
自分の内面と、自分を取り巻いていた環境、両方から考えてみる。

・新しい価値観が、自分の頭の中でこなれてくるには、時間がかかる。
 何事も無理に行おうとせず、ゆっくりと待つゆとりも必要。


(脱カルト協会の方々、ネットでお世話になっている方々に、感謝を込めつつ)


スポンサーサイト

脱カルト | trackback(0) | comment(0) |


<<等身大の努力 | TOP | アンダーグラウンド>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sampomusi.blog108.fc2.com/tb.php/58-b95b8bee

| TOP |

プロフィール

散歩虫

Author:散歩虫
議論ある仏教系(日蓮系)宗教団体を脱会した、2世のその後。
カルト問題、マインドコントロール、心理学から見た宗教問題、脱会後のリハビリ、その他いろいろ思ったことを書いています。
★宗教被害の相談窓口は、下のリンク先にあります。
二次被害を防ぐため、くれぐれも安全な場所にご相談ください。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。