--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/09/05 (Wed) 富士門下研究夏季合宿・2

『公明党vs創価学会』のお題で、島田裕巳先生の講演を聴かせていただきました。

ご自身の育った環境と、創価学会・立正佼成会とのつながりから始まり、
多角的にお話いただきました。
先生ご自身も、今、御書(平成新修)を読まれて、日蓮像について考察中だとのことでした。

講演の中で、とても興味を惹かれたことがありました。
「創価学会は、先祖供養に関する興味がない。
 霊というものに関する興味がない。」
ということです。
振り返ってみると、確かにそうなのです。

このエントリーでは、これがどうしてなのか?について
わたしなりに考えてみたいと思います。

メンバーは、朝晩の勤行で先祖供養のご祈念をしますが、
それだけで事足りてしまうというのは、他の宗教団体に比べて特異であるのです。
そこにあるのは、ただただ「ご本尊と自分」です。

なぜこのことに興味を惹かれたかというと、
メンバーの自我の肥大化と、自分以外のものに興味がないという教義に
関連性を感じたからでした。

かつてわたしが、メンバーであったときに教え込まれたこと。
それは、「社会に実証を示しなさい。」
メンバーは、師匠である最高幹部や、団体の正しさを証明するために
現世利益を得て、社会の中で幸福にならなければいけないのです。
「正しい」ことは初めから決まっていて、正しいことの論理的な正当性もないままに、
それを、自身の姿をもって証明するのです。

(中にいるときは気づきませんでしたが、考えてみると、これも面白い発想です。
普通、証明するためには、証明に足るくらいの実験結果が集まってから
「これは正しいであろう」という結論に達するのに、
初めから自分は正しく、それを証明しなさいというのですから。)

現世利益の追求や、
社会の中で、自分の姿を持って、自分の信仰の正しさを証明せよという教義の前で、
メンバーの意識は、あくまでも現世や自分自身に集中します。
そして、「自分」と「創価学会」という団体は、メンバーの意識の中でリンクします。

唯一正しい、末法の衆生を唯一救える団体だという教義と、そのメンバーである自分。
メンバーは、「自分」という一個人の認識を、どこまでも「大きく」観て感じてしまうのは、
無理もないことだと思います。

そこには、人々との関係性の中に存在する自分や、
先祖から受け継がれてきた自分の命という自己像はなく
ただただ「自分」という存在が、本人の中でクローズアップされてしまうということが
(=自我の肥大化)
起きるのではないかというのが、わたしが考え至ったことでした。



島田先生は、ご自身の日蓮像に関し、
論理的で体系的な仏教思想家だと語っておられました。
「当時の日蓮は、論理的に正しかった。
なのに、どうして迫害され、世間から、幕府から、認められないのだろうか?
そのことが、日蓮は納得できなかったのではないか。」
と、解説されていました。
それが、後に、「一念三千」という認識論に極端に傾倒していくことに
関連しているのではないか、と。

「一念三千」は、法華経ではなく、天台教学であり、
天台教学の中でもあまり重要視されていないものだったそうです。
その「一念三千」という世界の認識の仕方に、どんどんはまっていく所に、
その後の日蓮の思想の道程を決める鍵があり、
また、日蓮のDNAをひく、戦後の日蓮法華系の新興宗教団体の
道程を決める鍵もあったようです。

島田先生は、「観心本尊抄」あたりから嫌な感じがする、という言い方をされていましたが
そのグループ以外には共有できない「一念三千」なんていう概念を持ち出されたら、
言われたほうは閉口するしかないんだろうなっていうのは、
今はわかります。
(昔は、こんなことがなんでわからないの?と思っていた(笑))
自分=全世界なんて、めちゃくちゃですよね。



終わりに、上記のことを、脱会者の立場でもう一度考えてみるならば、
肥大化した自我の落ち着く先は、ないのだということです。
かつてメンバーであった者が、
等身大の自己像に自分を見ることが出来るようになるまでには
どれほどの葛藤と苦悩が必要か…
そしてもしも、その苦悩を避けようとするなら、
さらにさらに、自我を肥大化させていくしかないのだ、とも。

なんていうことを、思ったりする、今日でした。



(あ、なんだか公明党vs創価学会のことは、全然書いていないことに気づいちゃったけれど。
上記以外のこと、メモ。
・学会の団結力、会員の引き締めの役割としての、選挙活動という意義もあった。
 なので、公明党の今後と、創価学会の今後には、密接な関係がある。
・「今までの歴史は振り返らない」という学会の主張には無理がある。
 振り返らないから、なんでもコロコロ変えても平気なんだろうけれど。
・学会は、正宗と出会うことによって、正宗の特異な教義(日寛教学)を受け継ぎ、その独自の教学を究めてきた。)


スポンサーサイト

脱カルト | trackback(0) | comment(0) |


<<富士門下研究夏季合宿・3 | TOP | 富士門下研究夏季合宿>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sampomusi.blog108.fc2.com/tb.php/62-ddea3011

| TOP |

プロフィール

散歩虫

Author:散歩虫
議論ある仏教系(日蓮系)宗教団体を脱会した、2世のその後。
カルト問題、マインドコントロール、心理学から見た宗教問題、脱会後のリハビリ、その他いろいろ思ったことを書いています。
★宗教被害の相談窓口は、下のリンク先にあります。
二次被害を防ぐため、くれぐれも安全な場所にご相談ください。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。