--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/09/19 (Wed) キャンパスでのカルト宗教問題


大学には、さまざまなサークルがありますが
カルト宗教団体のダミーサークルもあるようです。

そういった、カルト宗教のダミーサークルは、
新入生を勧誘する際に、
自分たちの団体名を隠して勧誘します。


例えば、
「哲学のサークルです」
「大学生活の美味しい情報を教えます」
「なぜ生きるのか?を考えるサークル」
などなど。
ゴスペルサークルを装っているカルト宗教もあるそうです。

1ヶ月だけやってみない?などと誘われて、入会すると、
なかなか退会できないのがカルトの特徴です。
★入り口は広く、出口はなし★

メンバー同士の関係は密に。
それ以外の人間関係は、絶たれていきます。
そうしてグループ内の関係を強化します。
「このグループから離れると不安」というスイッチを仕込まれます。
逆に、「グループの中にいれば安心」というスイッチも。
これが、マインド・コントロールです。


サークル活動の合宿なんかも、公共の施設を使用したりして
その団体の信憑性を高めますが、
それは公共の施設を借りるときに、自分たちの団体名を偽って借りるからで、
本当にその団体が正当性のあるものだからではないようです。

大学側も、カルト宗教の勧誘活動への注意を
学生に呼びかけ、注意を促す活動をしてくれているところもあり、
また一方で、そういった信仰上の活動に、
大学側が干渉すべきではないというスタンスの大学もあり、
対応もいろいろみたいです。

このように、嘘の上に積み上げられたサークル、団体なのですが
カルト宗教のもう一つの特徴として、
★正義の行使のためなら、嘘をいっても良い★
というものがあるので、良心の呵責は、その正当化の下に隠されてしまうのでしょう。
ここで言う正義とは、もちろん宗教団体の教義の上でのことです。


新入生は、新しい環境の中で、
これからの大学生活に多少の不安を抱えているものです。
そういう状態のときに、親しげに声をかけられ、いろいろ親切にされたら、
入会してしまうことも無理からぬことですよね。

お子さんを持つ親御さんは、これから、
こういうキャンパスでのカルト問題についても、
お子さんに注意を促し、話し合っていくことも大事かもしれません。
事前に情報を持っているのと、いないのとでは、
実際に勧誘されたときの対処の仕方も、ずいぶん違うでしょうから。


(以前の勉強会でお聴きしたことを、まとめてみました)


スポンサーサイト

脱カルト | trackback(0) | comment(0) |


<<今の心境 | TOP | 脳と宗教>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sampomusi.blog108.fc2.com/tb.php/66-54002702

| TOP |

プロフィール

散歩虫

Author:散歩虫
議論ある仏教系(日蓮系)宗教団体を脱会した、2世のその後。
カルト問題、マインドコントロール、心理学から見た宗教問題、脱会後のリハビリ、その他いろいろ思ったことを書いています。
★宗教被害の相談窓口は、下のリンク先にあります。
二次被害を防ぐため、くれぐれも安全な場所にご相談ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。