--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/09/22 (Sat) 人々は、カルトの何に惹かれるのか?

以前、勉強会で発表したレジュメのまとめです。

人々は、いったいカルト宗教のグループの、どんなところに惹かれるのでしょうか?
その心理と、その心理を利用する組織側のコントロールの仕方
(カッコ内に書かれたこと)をまとめました。

①仲間がいる: 孤独から逃れられる。
(裏切りたくない、自分だけ疑問を持つのがはばかられる、
親しい人が嘘をつくはずがないという、集団心理を促す)

②活動をすると誉められる: 自分を認めてもらえる満足感。
(グループ内だけに、自己の存在確認ができるようにする)

③悩みの解決: 悩みが解決するという安心感を得られる。
(前世や宿業など、目に見えないものに原因を求め、それを解決するには活動するしかないと思わせる)

④活動や会合で忙しい: 充実感を得られる。
(空虚感を埋める)

⑤エリート意識: 自分が特別な存在になったような気持ち。
(自己愛を肥大させる)

⑥使命感: やりがい、生きがいを生む。
(果たさなければならない義務感、やらないと罪悪感が起きるようにする)

⑦正義感: 正しく生きたいという、人の良心を満たす。
(グループの外に、悪や敵を作り、攻撃させる)

⑧人格の向上・自己修練: 向上心を満たす。
(組織のために働く人格に改造する)

⑨仏国土・神の国を作る: 理想を実現できる喜びがある。
(自分たちだけに都合の良い世界を作る手助けに利用される)


入会者のこれらの気持ちは、たぶん誰もが心に持っている心理です。
世の中をよくしたい、向上したい、という気持ちは、別に悪いことではありません。
悪いのは、これらの当たり前の気持ちを利用して、組織繁栄に利用する側だと、思います。

ですので、入会者との話し合いや説得の際に、
こういった気持ちを責めては、反発にあうでしょう。
(入会者は、反対や批判にあうと、ますます信仰心を燃え上がらせてしまうこともある)

カルト入会者のご家族が、
宗教を毛嫌いするかのように、感情的に反対するような反応は
極力避けたほうがよいように思われます。

外側から叩くと、ますます内側に引っ込んでしまうことが
予想されます。



ヒトは、何を信じても良いのです。
心の中の自由までは、奪えません。

ただ、一神教的な宗教、生活や人間関係を破壊する宗教、
社会との折り合いのつかない宗教、反社会的な宗教、
他の宗教やメンバー以外の人間を、差別する宗教。
こういった宗教グループからは、家族や友人を、
守っていかなければいけないと思います。



スポンサーサイト

マインド・コントロール | trackback(0) | comment(0) |


<<正法眼蔵随聞記 | TOP | 今の心境>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://sampomusi.blog108.fc2.com/tb.php/67-3e98f4b7

| TOP |

プロフィール

散歩虫

Author:散歩虫
議論ある仏教系(日蓮系)宗教団体を脱会した、2世のその後。
カルト問題、マインドコントロール、心理学から見た宗教問題、脱会後のリハビリ、その他いろいろ思ったことを書いています。
★宗教被害の相談窓口は、下のリンク先にあります。
二次被害を防ぐため、くれぐれも安全な場所にご相談ください。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。